株式会社フルカワ建設は大阪で耐震工事を主軸に展開し地震の脅威からお客様を守ります

お問い合わせはこちら

株式会社フルカワ建設

地震の不安を軽減するため大阪で耐震工事を受注します

株式会社フルカワ建設

現代の耐震工事の基盤を作った阪神淡路大震災、大阪で起こった突然のこの出来事で、人々の生死を分けた要素がありました。それが「建物の倒壊」です。
大阪で倒壊しなかった建物には金具による繋ぎが使用されているものが大半で、義務付けられた3階建以上の建物は無事なものもございました。一方で、金具の使用が義務でなかった2階建以下の家屋は多くが倒壊してしまい、その倒壊が人が震災で亡くなってしまった主な原因だったそうです。このように悲劇を二度と繰り返さないためにも、今後も耐震工事に力を注いでまいります。


株式会社フルカワ建設の特徴

FEATURE

建物の耐震強度を根本から底上げするための工事を受注

最新の耐震基準に満たない建物は、また大阪で万が一のことがあった際に倒壊の危険性を孕んでいます。震災での死因の多くが建物の倒壊に関連したものであったことも考えると、皆様の命を守るために、古い家屋にお住まいの場合においては耐震工事を前向きに検討することをおすすめいたします。
まずは耐震検査をスタッフが行い、壁の強度を器具で叩いて音と感触を頼りに確かめたり、壁の傾き具合をチェックしたり、屋根裏と床下に入って基礎部分の腐食具合とシロアリの有無、そして金具が繋ぎ目に使用されているか否かなどを見て、総合的に現在の耐震強度を算出いたします。その結果を基に工事が必要であると判断された場合は、お客様のご予算とご要望などを丁寧にヒアリングし、お客様の期待以上のクオリティーと速度で施工を完了できるよう力の限り対応してまいります。ご用命の際には、まず耐震検査にお申し込みいただきますよう、お待ちしております。

新築当初の耐震強度を維持するための外壁塗装工事も実施

耐震強度が基準値を満たしていて耐震工事が必要ないからといって、それで全て安心かというと、そうでもありません。建物も次第に劣化していくため、その劣化速度をいかに緩やかにして強度を守っていけるかが、万が一の事態に遭遇した際の命の分かれ目にもなりかねません。その劣化から建物を守ってくれている重要な部分が「外壁塗装」です。建物の外観美の実現にも必要不可欠なこの塗装は、実は高い耐候性と防水性を備えているのです。
耐候性が低下して紫外線のダメージが積み重なるとひび割れが起こり、そのひびから雨水が基礎部分にまで浸透し、基礎を腐食させる原因にもなります。このようなことが起こらないよう、塗料の耐候年数にもよりますが、大体10年を目安に外壁塗装の塗り替えが推奨されています。大阪・京都・兵庫エリアにお住まいで、新築または前回の外壁塗装工事から10年以上経過している場合は、塗り替えをおすすめいたします。


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。