理想的で安全なマイホームに仕上げるため大阪で耐震工事・外壁塗装・新築工事を実施

お問い合わせはこちら

大阪の耐震工事・株式会社フルカワ建設の口コミ情報

最新基準値を満たした耐震工事を大阪を拠点にお届け

大阪の耐震工事・株式会社フルカワ建設の口コミ情報

日本には建築工事に関連した施工は千差万別であり、土木工事から内装工事まで多種多様なものが存在します。その中でも特に「耐震」に重きを置いた施工サービスを大阪を中心としたエリアに展開しており、その主軸となるのが「耐震工事」です。
その他に「外壁塗装」や「新築・リフォーム」などといった仕事も受注しており、これら全てに耐震に関する要素を深く組み込んできました。地震大国の大阪近隣エリアで、より安全に、より幸せに暮らしていけるよう、マイホームに耐震工事を施してまいります。


お客様のマイホームの耐震強度における限界値を底上げ 

耐震強度の限界値はその建物が新築された際に決定しますが、もし最新の耐震基準になった平成12年6月以前の耐震基準が満たない建物であっても耐震工事を実施することでその根本的な耐震強度を上げることが叶います。昔ならではの建物だから、予算がないから、といって地震に強くすることを諦めず、国からの補助金や地方自治体の補助なども受けながら可能な範囲での施工実現を共に目指してまいりましょう。
そのためにはまず、耐震検査をお受けいただき、現在家屋がどのくらいの耐震強度を有しているか客観的に調べる必要があります。特に木造住宅の場合、基礎部分の腐食はもちろんのこと、シロアリの侵食の有無によっても耐震強度は大きく変わってまいります。これらの検査結果の情報を総合的に精査した上で強度を上げる工事が必要であると判断された場合、お客様の予算やご要望なども加味して大阪を拠点に現実的な落とし所を追求いたします。

底上げされた耐震強度を新築に近い状態に戻す最も手軽な方法

平成12年6月以降に建築された建物でも、耐震強度がずっと維持されるかというとそうではございません。物質である以上遅かれ早かれ経年劣化が建物を襲ってくるのと、木造部分が多くある建物の場合にはシロアリが住みついてしまうか否かによっても、耐震強強度が劣化してしまうのは避けられません。仮にシロアリの住処になってしまっていた場合、基礎部分の抜本的な耐震工事が必要になるため、未然に予防策を打つことをおすすめいたします。
他に、建物の経年劣化を最も手軽に新築に近い状態まで戻せる工事があり、それが「外壁塗装工事」であり、そのご依頼も大阪で受注しています。建物の塗膜には雨水の浸食を防ぎ、紫外線による壁面のひび割れの発生などを食い止める大変優れた機能が備わっているのです。その塗膜は平均10年前後で塗り替えが必要な時期に達するため、その時期を目安に塗り替えることで、建物の強度と資産価値を守ることに繋がります。

最新の強度の基準を満たした堅固かつ理想的な新築・内装設計

現代の耐震基準が高い水準でも、新築やリフォーム時に万が一手抜き工事をしてしまえば、その耐震基準の意味もなくなり万が一のときに命の危険すら伴ってしまいます。大手の会社様でも、長年の手抜き工事が浮き彫りになって全面的な耐震工事が必要になるなどの事件が実際に起こった例もあり、施工会社の誠意が大きく問われている時代でもあります。
その点、お客様のご期待にしっかりお応えできるように、大阪近隣エリアへ新築の工事やリフォーム工事などを実施してまいりました。お客様のご予算以内にしっかりと収めつつも、耐震強度への妥協は一切せず、可能な範囲で全てのご要望を施工に反映できるよう尽力いたします。「長年の夢だったマイホームをそろそろ建築したい」「子ども部屋の増築や、老後のことも考えてバリアフリー設計に対応させたい」など、新築やリフォームにするご要望がありましたら、無料のお見積もりへのご予約をお待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。