マイホームへの耐震工事と外壁塗装工事を大阪で行い強度の底上げと強度の維持を両立

お問い合わせはこちら

事業内容

ご自宅を地震に強くする耐震工事と外壁塗装を大阪で実施

BUSINESS

安心して大阪府一円のエリアで暮らしていけるような耐震工事を

日本では体感が難しい軽微な地震が毎日発生していると言われているほど、地震の頻度が世界的に見てもものすごく多い国です。一方でリスクもある分、温泉や地熱発電などの恩恵も受けています。
しかしながらそのリスクが大きい場合には、耐震工事などで対策を取る必要があります。大阪ではかつて震災があり、そのときの教訓が現代の耐震基準のベースにもなっており、その最新の耐震基準が達成されているマイホームを実現できるよう、大阪で耐震工事と外壁塗装工事、そして新築・リフォームを承っています。


最新の耐震基準を満たせるよう耐震工事・検査を大阪で受注

阪神淡路大震災で得た教訓に、倒壊した家屋の特徴の分析とその結果がそれ以降の建設に活かされているという点が挙げられます。それによると、柱や基礎部分の繋ぎ方が金具でできているか否かが、倒壊するか否かの大きな分かれ目だったそうです。金具での結合が義務付けられていた3階建以上の家屋は倒壊を免れ、義務でなかった2階建以下の家屋の多くは倒壊してしまったため、現代では金具での結合が徹底されています。
しかしながら、まだ日本にはそのような最新の耐震基準が定められる以前に建てられた家屋で、補強工事を実施していないものもたくさんございます。その家屋で暮らす方々の安心と安全をお守りするため、耐震検査とその補強工事を、検査・設計・施工・アフターフォローまでを自社によるワンストップで実施しております。

耐震強度の底上げの耐震工事とそれを維持する外壁塗装を大阪で

耐震強度の底上げ工事をメイン事業としながらも、その強度も時が経つにつれて徐々に劣化してしまいます。その劣化の大きな原因が雨水と紫外線であり、これらを仮に何の対策もせずに放置しておいたら、新築後わずか数年で雨漏りや倒壊の危険に直面してしまう可能性もあります。
この雨水と紫外線から建物を守ってくれているのが、外壁部分を覆っている塗膜です。外観美ばかりに注目が集まりがちな外壁塗装ですが、実は建物の耐震強度を維持するにおいて、外気にさらされるという最前線で奮闘してくれているのです。この塗膜が劣化してしまうと雨水が外壁のひびなどから浸入し、耐震強度が著しく低下する結果になりかねないため、10年に一度の塗り替えが推奨されている外壁塗装工事も請け負うことで、強度の底上げと維持の両立に努めてまいりました。

本社がある大阪一円エリアへ耐震工事と並行して新築・改装工事を

現代の最新の耐震基準が満たせるよう古い建物への補強と、外壁塗装での強度の維持に努める中、新築やリフォームにおいてもその耐震基準をクリアした安心・安全な仕上がりをお届けしてまいりました。マイホームの建設は多くの人にとって人生での大きな目標の一つであり、高度経済成長期においては幸せの象徴の一つとして見られていました。
現代では賃貸でも満足といった方も増えている中、かつての経済成長を経験した世代の方々とその価値観を受け継いでいる方々にとっては、マイホームは羨望の的であり続けています。お客様へ丁寧にヒアリングをしていき、ご予算やご希望の条件などをお伺いした上で、そのマイホームに住むことになる方々全員が満足でき、幸せと安心を満喫できるような、笑顔あふれるマイホームが創造できるよう対応いたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。